三木竹材店レフトナビ

三木竹材店レフトナビ
青竹
青竹
三木竹材店レフトナビ
三木竹材店レフトナビ


青竹
三木竹材店レフトナビ
三木竹材店レフトナビ

 
三木竹材店レフトナビ
三木竹材店レフトナビ
三木竹材店レフトナビ
三木竹材店レフトナビ
ふでばこ カタログ
Bamboo made in Kyoto
(English version)
楽天市場
 
フェイスブック
 
南禅寺垣とは
南禅寺垣 京都、南禅寺を本歌とする垣。南禅寺本坊にあります。

竹と萩という違う素材を組み合わせた竹垣です。
竹のもつ力強さ、萩のもつ柔らかなやさしさがうまく調和し見るものを
引きつけます。
 

南禅寺垣とは

 南禅寺垣とは

写真右の背面は建仁寺垣になっています
 
◆ 南禅寺
正応4年(1291年)亀山法皇が大明国師に与えて禅寺に改めたことが始まり。
歌舞伎「楼門五三桐」で、石川五右衛門が正面の三門より「絶景かな 絶景かな」と大見得を切る舞台として特に有名です。

寺域内には日本を代表する庭園が多数あります。特に国宝大方丈の「虎の子渡し」は、
小堀遠州作「禅院式枯山水」の代表的な庭園です。方丈には狩野派の襖絵もあり、見応えたっぷり。境内には疎水が流れる水路閣があり、この上を登るとインクラインへ続く散歩道になっています。桜の季節は特におすすめです!
【アクセス】
 京都市営地下鉄:「蹴上駅」より徒歩7分
 京都市営バス:「南禅寺永観堂道」より徒歩5分