三木竹材店

三木竹材店 竹細工職人の店、京都市南区|竹製品、竹垣、竹商品、竹細工

中ー竹の紹介
竹の種類
竹製品
中ー竹垣
竹垣紹介
京の竹垣
竹垣の選び方
竹垣マップ
中ーディスプレイ
施行例
中ー建築材料
銘竹
ボード
光天井
中ー小物販売
季節の製品
マイ箸
カトラリー
手作りキット
中ー体験教室
中ーニュース
バックナンバー
中ー会社案内
会社案内
注文方法
特定取引
プライバシーポリシー
お問い合わせ
ふでばこ カタログ
Bamboo made in Kyoto
(English version)
楽天市場
フェイスブック
竹の紹介
 
竹の種類
■マダケ(苦竹・真竹)
マダケ(苦竹・真竹)  
日本原産。
全長約25m直径1~13cm。
節は二重で葉は大きく10~13cm。
強靭で緻密。
弾力性と粘りが他の種類に比べて優れている。
色つやも良い。
タケノコは5月下旬に出るが食べると苦い。
竹の皮は、殺菌性と通気性がよく、古来より食品の梱包材料として利用される。 茶華道具などの工芸品から造園、建築材料、料理の器など用途は広い。
「京銘竹白竹」になる種類である。
 
 
 
■ハチク(淡竹)
ハチク(淡竹)  
別名クレタケ。
中国原産。
全長約15m直径3~10cm位。
節が二重で稈(かん)全体が白っぽくなる。
葉は小さくモウソウ竹に似ている。
タケノコは5月中旬頃が甘くて美味しい。
呉の時代に渡来し794年桓武天皇の名で和気清麻呂が御所の清涼殿の前庭に植えたとされている。
マダケ以上に緻密で細かく割ることができ主に茶筅や提灯の骨に用いられている。
また、枝は桂離宮の穂垣に利用されている。
 
 
 
■孟宗竹
孟宗竹  
中国原産。
国内の竹では最も大きい。
全長約25m、直径3~20cm位。
節が一重で葉が小さいのが特徴。
日本には1661年、現在の長岡京市の寂照院に、もう一説は1736年鹿児島の磯公園に植えられたのが初めとされている。
タケノコは4月上旬頃美味しい。
食用の他、主に内装材や花器(華道)として用いられ京銘竹「図面角竹」「ゴマ竹」になる種類である。
 
 
 
 
銘竹紹介
白竹(京銘竹指定)
白竹 (京銘竹指定)
  火アブリにより、油を抜いて天日で乾かします。美しい光沢は建築をはじめ、茶華道具や工芸品には欠かせません。  
 
図面角竹(京銘竹指定)
図面角竹 (京銘竹指定)
  木材で角経に育て、人工的に表面に図面模様をつけます。飾り柱や床机など、風情ある家具に用いられます。  
 
亀甲竹 (京銘竹指定)
亀甲竹 (京銘竹指定)
  亀の甲模様が特徴的。
昔は床柱によく使われていました。
 
 
胡麻竹(京銘竹指定)
胡麻竹(京銘竹指定)
  竹を半枯れ状態にします。
ゴマの斑点は親しみやすく、建築をはじめ小物類によく合います。
 
 
しゅみ
しゅみ
  節にシミが入った竹。土質によるものだと言われていますが、さだかではありません。
特に茶華道具に親しまれています。
 
 
すす
すす
  かやぶきの民家のいろりの煙で自然に竹が褐色し、縄目模様がついたもの。
現在では貴重な竹となりました。
 
 
樋竹(ひだけ)
樋竹(ひだけ)
  竹の表面に樋(溝)が入っていて、中身がつまっているめずらしい竹です。 茶杓の材料に最も適しています。 この肉厚を活かして重厚な茶杓を作ることができます。また、サイズの大きいものは蓋置きとしても用いられます。(右写真参照)  
 
樋竹(ひだけ)断面
樋竹(ひだけ)断面